ロスカット(強制決済 損切り)



証拠金を担保とした金融取引でもっとも恐れるものは「強制決済」です。
これをロスカットといいます。

通常は為替変動があってもポジションを自分でクローズ(手仕舞い、決済)しなければ
ずっと保持し続けることができます。
ですから相場が下がっても決済しないでいれば
損失は確定しませんし、その間もスワップは発生します。
金利を狙ったキャリートレード(資金の長期運用)であれば
有効な投資方法です。

そして相場が上がるまでのんびりと持ち続ければ良いわけです。

スワップが発生する以上は普通預金よりもずっとお得ですし、
相場はよほどの高値を掴んで買ってしまわない限りはまた
戻ってくる確立が高いです。
しかも、スワップが発生していることで、長く持ち続ければ
持ち続けるほど資産が増加しますので、為替の変動にも
耐えうる力がどんどん強くなってくるのです。
実際には多くのFX会社が、損失を一定範囲で食い止めるため、
あるレベルに達すると自動的に決済する「ロスカット(損切り)・ルール」を導入しています。
たとえば大手FX会社のフォーランドの場合(※)なら、
差し入れてある証拠金の50%まで損がふくらむとロスカットが行われます。

短期的な投資であっても、自分の意思による取引でなく
強制的に決済されてしまう事態は避けなければいけません。
投機的なチャンスも逃すことになります。

Amazon

ブログパーツ