為替市場を取り巻く環境

単にFXと言えども、他の金融市場は無視できません。
日本の場合でも、円安になれば「輸出関連株」が買われ、逆に円高になれば売られていきます。
為替は、どの市場にとlっても重要な存在です。

FXをやる場合(株でもそうですが)他の市場の情報は知っておく必要が有ります。
それはなぜか?
全ての取引に関して、基軸通貨の米ドルが決済に使われています。
その他、貿易での取引も同様に米ドルが使われ、全てにおいて米ドルを中心に動いています。
ニュースで原油相場の話題が出るときも、ドル表示になっています。
実需的な要素も含んでいるので、為替は秒単位で変わっています。


★証券市場とは
企業が資金を必要とする場合、一定の基準で取引所に公開できるシステム。
平たく言うと、株券の売買をする場所です。
世界には数多く取引所が存在します。
代表的な取引所は
東京証券取引所
ニューヨーク証券取引所
ナスダック(NASDAQ)
ロンドン証券取引所
フランクフルト証券取引所
上海証券取引所
など世界各地に存在します。

★商品市場

商品先物取引と呼ばれ、読んで名のごとく色々な商品を売買しています。
代表的な商品は
・農産物(大豆、小豆、トウモロコシ、コーヒー、鶏卵、粗糖、生糸など)
・工業品(金、銀、原油、アルミ、天然ゴム、ガソリン、灯油など)
取引所は
・東京工業品取引所
・中部大阪商品取引所
・関西商品取引所
・シカゴ商品取引所
・ニューヨーク商品取引所


・ロンドン商品取引所
・香港商品取引所


★債券市場
債券(さいけん、bond)は、国、地方公共団体、政府関係機関、特殊金融機関、企業(事業会社)など(発行体という)が資金を調達する際、金銭消費貸借契約類似の法律関係に基づく金銭債権の内容を券面上に実体化させて発行する有価証券。
その債券を売買できる場所が「債券市場」です。
簡単に言うと、株式売買に近い形で「借金」を売買するシステムです。

Amazon

ブログパーツ