ZuluTrade 日本語版 口座開設

海外でのFX口座を開いた人は少ないはずです。
特に日本語に対応したFX会社もまだ数も少なく(日本法人を作っているケースが最近は多い)
経験者も周りには少ないでしょう。

日本語サイトや日本語のヘルプデスクを開設しているFX会社が何かと便利です。

今回開設例で取り上げるのは「AAAFX」というFX会社です。
後発のFX会社ですが、ZuluTradeの提携先で唯一「資産保全」をしているFX会社です。
通常、FXでは1万通貨での取引ですが、ビギナーからも始めやすい1000通貨からの取引が可能なFX会社です。

日本語のヘルプデスクが完備されていて、日本語の電話対応も行っています。
スプレッドは平均的な手数料で、個人的には丁寧な印象がある会社です。

ZuluTradeと直結されていることもあり、スリップと呼ばれる取引時のタイムラグ(システムからの売り買いの指示と実際の売り買いの差)がZuluTradeの提携会社の中でもトップクラスの少なさを誇っています。













上記が口座解説画面です。
日本語化されていて、迷うこともないでしょう。













いくつかプルダウンで選ぶ項目があります。
最初の部分ですが、口座のタイプです。
個人や法人、特定合資会社などのセレクトがありますが、個人の場合「Individual」になります。
その他の場合は、口座タイプを用途に応じ選択して下さい。

次に身分証明書の種類です。












これは、用意できる物を選んで下さい。
運転免許証でも可能です。














次は、口座の種類です。
USドル、ユーロが選択可能になっています。
どちらを選んでも構いませんが、今後の口座管理を考えた場合、USドルの方が計算しやすいでしょう。


*イスラム今日の場合は、特別にチェック項目が用意されています。

住所に関しては、海外なのでローマ字で記入しましょう。
全角で入力した場合、エラーとなり入力部分が「ピンク色」になります。

東京都渋谷区渋谷1-1-1の場合

お住まいの住所に「Shibuya 1-1-1」
市に「Shibuya-ku」
州または都道府県に「Tokyo」
政令指定都市の場合、「市」「区」両方表記がありますが
「お住まいの住所」の部分に町名の後に「, 」で区切り「区」を明記します。

電話番号ですが
日本の場合国番号が「81」にまります。

例えば「03-1234-5678」の場合
市外局番の「0」を省いて
「81-3-1234-5678」この様な表記方法になるのが一般的です。

携帯番号も「090」や「080」の最初の「0」を省いて「90」や「80」となります。
例えば「090-1234-5678」の場合
「81-90-1234-5678」となります。

これが終了すると次の画面になります。












次の画面は、国内のFX会社でも聞かれる金融商品の経験年数です。
最初から
・投資経験年数
・商品取引の経験年数
・先物商品の経験年数
・FX(為替)の経験年数
になります。

以降は、資産状況の提示になります。
・所得(給与所得を入れた年間所得)
・純資産は資産合計(不動産を含んだ)
・流動性資産(現金や株式等、現金化できる資産)

それ以下の項目は、殆どの場合「いいえ」に該当すると思われます。

次のページは同意書です。
最後にチェックを入れる場所があるので、チェックを入れて下さい。














最後は、身分証のファイルと公共料金の領収書のコピーを添付する画面と口座に入金手続きになります。













口座開設には最低300USドルの資金を入金する必要があります。

入金にはクレジットカードが一番便利です。
確実なことと、入金確認が早いことです。
銀行振込も可能ですが、日本の銀行(特に地方銀行や信用金庫、郵便局)は海外送金に慣れていないこともあり、入金ミスが考えられます。
送金手数料や入金までの時間を考えた場合、クレジットカードが確実でしょう。
クレジットカードの場合、最大で1000USドルが1回の上限になります。

一番右は、欧州のオンライン決済システムです。
もし、お持ちの場合は使う事も可能です。

身分証明書の用可能なファイルは(.pdf, .jpeg, .jpg, .gif, .png)の各ファイルです。
以前の投稿でも書きましたが、可能な範囲で小さくして送る方が早めにアップロードされます。


クレジットカードで振り込みした場合、ほぼ即決で入金の案内と口座番号などがメールで案内されます。
本人確認など事務手続きが終了まで5-7営業日程度かかります。

暫く時間が掛かりますので、早くトレードされたい方は必要書類を用意した後
クレジットカードなどを用意してから記入した方が良いでしょう。

*注意!!
最初にMT4(メタトレーダー用 口座)口座番号が先に通知が来ます。
ZuluTradeとは違いますので、口座にログインして入力しないようにしましょう。

不明な点は、ライブチャットでもオンラインで質問可能です。
但し、深夜の場合は英文のみの対応になります。
早朝5時以降になれば、日本語対応のスタッフも出勤してくる様です。
日本時間の昼間は、電話による日本語でコールセンター対応もあります。

私はライブチャットで何度か質問を投げかけましたが、直ぐに返事が返ってきてビックリしました。
口座の開設状況や入金確認などもチャットで行うことが可能です。
24時間取引時間中は対応してくれるのは、日本の金融サービスには余り見られない事です。

日本のFX会社では横柄な態度のカスタマーサービスが多いですが
その点、金融先進国の欧州、カスタマーサービスも一流です。
対応の早さや、サービスの質は日本にはありません。

不明な点は、直ぐに問い合わせする方が賢明です。

Amazon

ブログパーツ