両建て(りょうだて) 両建



同一の銘柄(外国為替取引の場合は通貨ペア)で売りと買いの両方のポジションを持つこと。
株式の信用取引や商品等の先物取引でも同様に用いられる。株式の場合は現物の買いと信用の売り、先物の場合は異なる限月の売りと買いなど、単純に相殺されない両建てもあり得るが、外国為替取引の両建ては相殺可能である。

類義語

建玉[たてぎょく] 別名 玉[ぎょく]
信用取引・先物取引・オプション取引において、未決済になっている契約総数のこと。玉ともいう。売り建て玉と買い建て玉がある。
ある契約の建玉が1枚あるということは、その契約に関して一人の売り手と買い手がいることを意味する。

売り建て玉[うりだてぎょく]
信用取引や先物取引、オプション取引にて売付けをして、まだ決済をしていないもののこと。

買い建て玉[かいだてぎょく]
信用取引や先物取引、オプション取引にて買付けをして、まだ決済をしていないもののこと。

ポジション
信用取引や先物取引、オプション取引にて買い建てあるいは売り建ての持ち高のこと。
新規の売買をする際「ポジションを取る」とか「ポジションを建てる」という表現をする。
また「ポジションを膨らませる」とか「ポジションを減らす」といったように量(持高)を示す表現に多く使われる。


ポジション・メイク
新規に売買を始めること
逆にポジションを持たないことをスクエアという。


両建証拠金無料!【ヒロセ通商】ヒロセ通商・口座開設はこちら


Amazon

ブログパーツ