水星逆行




一般的に水星逆行期は、文書ミスがふえます。注意散漫、修理不完全などから文書作成・契約調印・修繕・手術など後日やり直しが多い傾向です。計画変更や情報混乱、交通機関の混乱、電算機トラブル、受注ミス、誤配など多くなるのでスケジュール管理など十分点検が必要です。

メリマンサイクルでは、金融・商品相場の方向性が極端に不安定になる傾向が強くなります。
水星逆行の初期段階は、短期的に激し区変動する傾向が強く、中期に入ると変動率は
低下すル傾向にあります。
水星逆行期の反転は、逆行開始から8営業日までに始まる(または終わり)傾向にあります。

Amazon

ブログパーツ