売り注文とは?

なぜ無い物が売れるか?という素朴な疑問が沸いてくるでしょう。

下の図は、ドル-円の売り注文の図です。











FXは為替のトレード(交換)です。
必ず売り注文の時でも、片方の通貨を買うことになります。

買い注文の場合は、逆に円を売ってドルを買うと言うことになります。

勘違いしやすいのは、日本人なので円を中心に考えてしまうことです。
取引に対して「証拠金」を差し入れ、レバレッジ(テコの原理)で多くの通貨を扱う事になります。

もう少し分かりやすく他の通過で説明すると
ユーロ-ドルで説明しましょう。












為替は「美人投票」とか「不美人投票」とか言われます。
つまり、取引をする場合「円」も「ドル」も「ユーロ」も持っていません。
二つの通貨のどちらかに投票するイメージです。
投票する時に、「証拠金を入れる必要がある」というイメージです。

説明によっては「外貨を売って買い戻す」という風に説明されています。
決してこの表現が間違えではありません。
しかし初心者には解りにくい表現方法だと思います。

株取引では、「空売り」という手法がありますが
株式取引は、必ず一つの物(株)を取引します。
FXの場合、2つの物を交換するというイメージですので、間違えないようにしましょう。






Amazon

ブログパーツ