大投資家に学ぶ投資 ジョージ・ソロス


ジョージ・ソロス

ハンガリー生まれのユダヤ人で、1兆円の資産家(2006年フォーブス誌発表)、ジョージ・ソロスの名言は、「市場参加者の価値判断は常に偏っており、支配的なバイアスは価格に影響を与える」


1970年、彼はジム・ロジャーズとともにソロスファンド(後のクォンタム・ファンド)を設立した。ヘッジファンドは10年間で3,365%のリターンを出してソロスの富の大部分を形成した。

彼の別名は「イングランド銀行を破綻させた男」
1992年にいわゆる「ブラック・ウエンズデイ」を引き起こしポンドは暴落させました。
イギリス政府の為替介入に対抗して70億ドルのポンド売りを行ったソロスは,実に20億ドルの利益を手にした。

著書


ジョージ・ソロス Amazon ピックアップ

Amazon

ブログパーツ