フィラデルフィア連銀指数


フィラデルフィア連銀指数
(The Federal Reserve Bank of Philadelphia = Economic Activity Indexes)

発表機関  フィラデルフィア連邦銀行
統計時期  月次
発表時期  当月分のデータを第3木曜日(中旬頃)に発表

ポイント  
製造業の景況感を把握するために利用される。

詳細    
11項目について1ヶ月前と比較した現状と6ヶ月後の期待を、「良い」「同じ」「悪い」の中から選択させ、インデックス化して発表。同連銀の管轄地域(ペンシルバニア・ニュージャージー・デラウエア州)に対象が限定されているが、全国区のISM指数との相関が比較的高い。

注目点
企業活動指数の注目度が高いが、仕入れ価格指数や販売価格指数もインフレ指標として重要。同種の調査にニューヨーク連銀指数があるが、フィラデルフィア連銀指数の方がマーケットの注目度は高い。製造業関連指標の流れとしては、15日前後のニューヨーク連銀指数で大まかな方向性を予測し、第3木曜日のフィラデルフィア連銀指数でコンセンサスを形成、翌月第1営業日のISM指数で実際の数値を確認という流れになる傾向がある。ニューヨーク市に比較的近い地域であることから、これらの州内の雇用情勢が大都市の景気動向に強い影響を受け易い傾向にある。

Amazon

ブログパーツ