FX 外国為替証拠金取引の仕組み




FXなら10万円以下のの資金で「1万米ドル」を購入可能です。
このとき、仮に為替レートが1ドル=100円だったとします。外貨定期や外貨MMFで運用する場合、
1万米ドルを購入するには、

10,000ドル×100円/ドル=1,000,000円

必要な資金は100万円ということになります。(手数料などは考慮していません)
では、外国為替証拠金取引の場合はどうでしょうか?
取り扱っている会社によりますが、FXならば、最初に預けた資金の1~100倍の額の取引が可能です。
先ほどの例で言えば、最初に10万円を証拠金として預けて、 1万米ドルを売買することができるのです。

なぜそのようなことが可能なのでしょうか?
なぜならば、外国為替証拠金取引とは、 最初に預けた証拠金10万円を担保とし、1万米ドルを売買できる信用を与えられる仕組みだからです。
FXならば少ない資金でも大きな取引ができるので、為替レートの値動きが予想した方向に動けば、 大きな利益を得ることが出来ます。
逆に相場が予想に反した動きをとれば大きな損失を抱えてしまうことになります。

しかし、預け入れ証拠金以上の損失はありません。
通常、取引するFX会社との取引条件で、ロスカットが設定されます。
口座内にある資金の一定額以上(会社により、違いますが30%〜70%程度)の損失が出た場合、自動的に決済されるシステムになっています。
ですので、口座の残高が0円になることは、システム的にありません。
また、自動決済された場合でも、追加資金が必要になる場合はありません。

Amazon

ブログパーツ